新宿 つけ麺

第一次つけ面ブーム以降、全国に一気に広がり今ではすっかり定着化したつけ面。

競合する同じ麺類のラーメンやパスタ、うどん、そば等とはまた違った美味しさがあり、独自の魅力を持った麺料理として地位をしっかりと獲得しています。

今回はそんな美味しいつけ麺屋さんが競い合っている新宿界隈の、おすすめのお店を厳選して8選紹介します。

また、普通のラーメンをお探しなら「東京で一度は食べたい「激うま」おすすめラーメン店10選」こちらの記事も合わせて確認してみてくださいね。

新宿のつけ麺おすすめ店舗8選

新宿のつけ麺おすすめ店舗
ではさっそく見てみましょう!

本当におすすめの厳選したつけ麺店、きっとお気に入りが見つかるはずです!

風雲児

新宿のつけ麺屋さんといえばこちらが有名で、魚介系の濃厚なつけ麺が好きな人はおさえておきたい1店です。

国産の小麦粉を使用した特注の中太のストレート麺に、濃厚な味わいながらもあっさりとした鶏白湯と魚介のWベースのつけ汁が良く絡みます。さらに特性の魚粉のトッピングが、スープと溶けあい味に深みを持たせてくれます。

普通のつけ麺もいいですが、プラス200円でオーダーできる「得製つけ麺」がおすすめです。味玉、のり、メンマ、ネギ、チャーシューが増量されてお得ですし、一つ一つの素材の丁寧な味付けが楽しめて、味のバリエーションがグッと増えます。

名称 風雲児
住所 東京都渋谷区代々木2-14-3 北斗第一ビル 1F
(Google Map)
電話番号 03-6413-8480
平均予算 800~1000円
公式サイト http://www.fu-unji.com/

つけ麺屋 やすべえ 新宿店

ストレートのコシのある太麺は食べごたえがあり つけ汁は野菜の旨みに、肉のコクと魚のダシが合わさった秘伝の醤油がベースの味。さらっとしていながらも凝縮した旨みが味わえます。

こちらのお店のつけ麺はそのまま頂いても十分美味しいのですが、卓上には玉ねぎ、削り節、酢があり自分好みに味変ができて、さらにスープ割りも無料で提供してくれる太っ腹。

最後の一口まで楽しんで食べて欲しいという店主の思いがグイグイ伝わってくる良店です。

玉ねぎをがっつり入れて食べればスープとの化学反応で美味しさがマシマシに!

どの時間帯に行っても混んでいるので並ぶ可能性は高いですが、食べたら間違いなくリピーターになりますよ笑

名称 つけ麺屋 やすべえ 新宿店
住所 東京都渋谷区代々木2-11-19
(Google Map)
電話番号 03-3375-5911
平均予算 780円~
公式サイト http://www.yasubee.com/

つけ麺 五ノ神製作所

つけ麺 五ノ神製作所
出典 : http://gonokamiseisakusho.com/shinjyuku.html

海老を飲んでみませんか?のキャッチコピー通り、濃厚で凝縮された海老の旨みが存分に楽しめるドロッとしたつけ汁は、中ストレート麺との愛称がよく喉を越してさらに海老の風味が体中へと広がっていきます

他にも海老トマトつけ麺や海老味噌つけ麺のバリエーションもあって、海老の美味しさを心行くまで堪能できる、海老好きの人に特におすすめのお店です。

名称 つけ麺 五ノ神製作所
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-16
(Google Map)
電話番号 03-5379-0203
平均予算 880円~
公式サイト http://gonokamiseisakusho.com/shinjyuku.html

らぁめん ほりうち 本店

らぁめん ほりうち 本店
出典 : http://ramen-horiuchi.com/menu/

麺はのびにくい中太の多加水麺でモチモチした腰のある食感。つけ汁は鶏ガラと豚骨をベースにしたあっさり醤油味で、少し昔を思い出せてくれるような優しくてノスタルジックな味わいです。

こちらの店舗で、つけ麺をオーダーして頼む時は、つけ麺ではなく「ざるらぁめん」と頼むのが流儀です。

この店のオリジナルで少し変わり種「納豆ざるらぁめん」は、納豆が好きな人にはおすすめの他店では類を見ない一品です。

名称 らぁめん ほりうち 本店
住所 東京都新宿区西新宿1-4-7 高野ビル 1階
(Google Map)
電話番号 03-3348-5530
平均予算 740円~
公式サイト http://ramen-horiuchi.com/

煮干つけめん ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 新館

煮干つけめん ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 新館
出典 : https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13232975/

元は「すごい煮干しラーメン」と言うラーメン屋さんをされており、つけ麺にも特化して扱っています。

特性の煮干の出汁スープから作るつけ汁は、風味が豊かで存在感が抜群です。

麺はラーメンに使う麺とは別の中太の縮れ麺を別途採用しており、つけ汁に良く絡みます。

超濃厚な煮干しベースのつけ汁を楽しみたい方におすすめです。

名称 煮干つけめん ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 新館
住所 東京都新宿区歌舞伎町1-15-8
(Google Map)
電話番号 03-6273-8706
平均予算 800~1000円前後
公式サイト http://www.n-nagi.com/

二丁目つけめんGACHI

二丁目つけめんGACHI
出典 : http://menya-shono.com/gachi/menu/

鶏100%の超濃厚の鶏白湯スープは、煮込む時間を変えた2つの白湯スープを独自の配合でブレンドしたダブルスープです。

定番の塩味以外にもテリヤキやレッドホットチリなどの洋のテイストが入った味付けもあり、フライドチキンやフライドメンマにレモン等、普通のつけ麺とは違うトッピングが楽しめます

薬剤無添加の麺を提供するために、毎日休まずその日の気温や湿度に配慮しながら微調整し作ったこだわりの打ちたて自家製麺は、芳醇な香りともっちりとした食感が楽しめて濃厚スープと良くあう仕上がになっています。

名称 二丁目つけめんGACHI
住所 東京都新宿区新宿2-17-10黒岩ビル 1F
(Google Map)
電話番号 03-5368-2637
平均予算 900円前後
公式サイト http://menya-shono.com/gachi/

龍の家 新宿小滝橋通り店

龍の家 新宿小滝橋通り店
出典 : http://www.tatsunoya.net/grandmenu/

九州が発祥のラーメン屋さんで、新宿店限定のメニューで「つけ麺 もつ」を提供しています。

豚の頭の骨と水だけを高温で煮詰めて作った、豚骨スープをベースにしたつけ汁は濃い味わいなのだがしつこくなく、モツの旨みに焦がしネギとマー油の黄金コンビもプラスされてスープの味に良いアクセントを加えてさらに美味しさを引き立たせています。

中太ストレート麺は原材料の小麦粉を何種類も混ぜ作り上げた企業秘密の独自麺も美味しいが、その麺を食べ終わった後には、割りスープではなく「割り粥」があり、再びつけ汁を暖めて提供してくれます。

この割り粥が濃厚なつけ汁を程よくまろやかにして、最後の一口まで美味しく頂けます。

名称 龍の家 新宿小滝橋通り店
住所 東京都新宿区西新宿7-4-5
(Google Map)
電話番号 03-6304-0899
平均予算 1000円前後
公式サイト http://www.tatsunoya.net/shinjuku/

はな火屋

ラーメン屋さんとしても有名なお店ですが、ここのつけ麺は真っ赤な色でピリ辛です。

色はキツメの真っ赤ですが、これは辛みその辛さなので見た目ほどは辛くはなく味噌の風味もしっかりと味わえます。

麺は中太で弾力がありつけ汁を香りごと一気に口内に引き上げてくれます

おすすめのとろとろなチャーシューは凝縮された肉の旨みがあり、ピリ辛のつけ汁と良くあい食欲を2倍3倍へと掻きたててくれます。

この立地でこの味と価格はコスパ最強で、辛口のつけ麺が好きな人におすすめのお店です。

名称 はな火屋
住所 東京都新宿区西新宿7丁目15−17, INISHI BLD, 1階
(Google Map)
電話番号 03-5330-8070
平均予算 650円~
公式サイト

まとめ:新宿のつけ麺おすすめ店

つけ麺は、麺とスープの2つの味の掛け合いで全てが決まります

シンプルで誤魔化しの利かない料理、それ故にそれぞれのお店は切磋琢磨して作り上げた、麺とスープは店舗によって違い、独自の味や個性が色濃く出て非常に面白いです。

今回したお店は味のテイストの種類は違えども、どの店舗もおすすめなので、ぜひ食べ歩きの参考にして頂けて、皆様の絶品のつけ麺屋さんの発見に役立てたのならば幸いです。

また、“つけ麺もいいけど今日はうどんかなぁ”なんて方は、「東京で絶品うどんが食べられるお店6選!本場の味を楽しめるのはここ」こちらの記事が参考になるはずです!

それでは良きグルメライフを!

関連記事